家事と仕事、両立させるコツとは

上手なやりくり

人間誰もが生きている中で『1日がもっと長ければいいのに』とか『毎日時間が足りない』と感じたことがあるものです。
これは、特に仕事をしているママなら誰もが思ったことがあることです。
仕事をしながら、その合間に家事や育児の時間も設けるとなかなか自分のために時間を使うことができないものです。

しかし、人間は誰もが1日24時間と決められています。
中にはフルタイムで仕事をこなしながら、家事や育児を完璧にこなし、なおかつ自分の趣味を楽しんだり自分磨きの時間を作っていたりする人もいるものです。
限られた時間の中でやりたいことを楽しむためには上手に時間のやりくりをすること必要です。

家事と仕事の両立のコツ

家事と仕事とを上手に両立させている人の多くがポイントとしてあげるのが朝活です。
家族が寝ている間に一人早く起きて家事をこなすことで、夕方家族が揃う時間を皆で過ごすことができますし、自分の時間を持つことができるのです。

最近は家電も発達したので、寝ている間に済ませることができるものが増えています。
お掃除ロボットや、食器洗い機、洗濯機は寝ている間に動かしておくことができ、起きてきたら洗濯物をたたむことと食器をしまうことだけで完了させることができます。

また、朝ごはんやお弁当の支度と並行して夕食の下ごしらえを準備しておくこともオススメです。
帰ってきたら焼くだけ、仕上げるだけという状態にするために、肉や魚に下味をつけておいたり煮物は下味をつけて冷蔵庫に入れておくのです。

味が染み込んでいるために、帰ったらすぐ調理に取りかかれますから子供がお風呂に入っている間に食事準備ができてそのあとの動線もスムーズになります。

《一言ポイント》

また、自分の時間を夜ではなく朝に取ることもオススメです。
夜にあれこれするとダラダラしてしまい朝起きられずバタバタしてしまったり、朝寝坊のしわ寄せで1日がスムーズに進まないことも多いです。

子供と同じように早く寝て朝早起きすると、体調も整いやすいですし寝る前の時間を子供と過ごすことができるのでコミュニケーションの時間が取れます。
朝の早起き時間に自分の趣味の時間を作ったり、資格取得のための勉強をしたりすると、仕事だけでなくプライベートも充実した生活が送れるようになります。