どんな方法で転職した?

転職を検討する

どれだけ好きな仕事であっても働いている中で続けていく不安を抱えたり、不満を抱いたりすることがあるものです。
仕事というのは、ただ仕事をこなせば良いのではなくその中で人間関係や給与といった待遇など気になること、気にすべきことがあります。
好きで続けている仕事でも、満足に給与がもらえなかったり休日が通れなかったり人間関係でもめてしまったりすれば、続けていくことが辛いと思うこともあるものです。

これは、ママ薬剤師にも当てはまることです。
ママであれば、家族の都合で仕事の調整をしなければならない場面が多くあります。
子供が体調を崩せば仕事を休まなければならないこともありますし、仕事中に早退をして迎えに行かなければならないこともあります。

また、子供に行事があるときには仕事を欠席しなければならないこともあります。
このように休むことや早退することが続いてしまうと職場に居づらくなってしまうこともありますし、人間関係が悪化してしまうこともあります。

調剤薬局やドラッグストアというのは仕事をしている人の数が少ないために、少しでも人間関係がいざこざが起きてしまうと仕事を続けることがむず痒くなってしまうこともあります。

ママ薬剤師の転職方法

ママ薬剤師が転職を検討した際、どのような職場を選べばいいかとか、転職活動はどのように進めればいいかとわからないものです。
そこで、オススメなのが先輩の意見を参考にするものです。

《一言ポイント》

実際に転職活動をしたママ薬剤師に転職の仕方をアンケートを採ったデータがあります。
1位は転職サイトや人材紹介会社を利用した人が多く、68.1パーセントにも登ります。

『希望する条件にあった求人がすぐに見つかった』『人材紹介会社が面接や入社日の調整までサポートしてもらえた』といった、効率的に転職活動ができたという意見が多いです。

やはり、コンサルタントに意見が聞けるというのはとても参考になりますし、自分では言いにくい給与や待遇の面も交渉してもらえるのでとても便利なシステムです。
ママだからこその就業時間のこだわりや、早退しやすい仕事現場であることについても企業には問い合わせしにくいこともコンサルには伝えやすいですし、伝えることでより希望する企業に就職しやすいです。

次に多いのが自分で直接店舗や病院などに応募する方法です。
実際に自分で目にして言える、通ったことのあるドラッグストアや調剤薬局、病院であればある程度職場の空気がわかったり、仕事の忙しさを事前に確認できたりするために就職活動に有効です。

転職を検討したからといってすぐに今の勤務先を辞める意思を伝える必要はありません。
まずは情報収集して今の職場にとどまるべきなのかはたまた就職活動を行うべきなのかを検討することが重要です。

退職の意思を伝えてしまえば覆すことが難しいですから、ある程度リサーチをして転職をすることを決めてからタイミングを見て職場に伝えることが重要です。