高収入な薬剤師の”職場”とは

給与を得ること

仕事をする意味というと、やりがいや好きなこと、といったことも挙がりますがやはりお金の問題もあります。
私たちが生活をしていくにはお金が必要であり、そのお金は仕事をして稼ぐ必要があります。
転職を検討するときにも、給与の面での不満が理由の上位に上がります。

昨今の経済不安や、終身雇用制の崩壊、賃金カットやボーナスカットといった問題から、お金は少しでも多く手元に持っておきたいとかが得る人も増えています。
お金はどれだけあっても困らないものです。

私たちの物欲というものは止まらないものですし、万が一のことがあった時にはお金は必要なものです。

薬剤師の給与事情

薬剤師というと、給与を多くもらっていそうなイメージがあります。
これは、薬剤師が国家資格であること、医師と同じく6年制の学校に通っていること、人の命を預かる仕事であることが理由です。
しかし、実際には同世代のサラリーマンの平均年収よりも少し高い程度です。

ただし、パートやアルバイトであれば世間の相場よりも格段に時給が高く、なおかつ求人も多く出ているので狙い目の仕事と言えます。
しかしパートやアルバイトというのは、結婚や出産をした主婦が検討する職場であり、独身女性や家族を養っている男性は正社員として少しでも給与面で良い条件の職場に就職したいと考えるものです。

薬剤師の資格を用いて働くというと、調剤薬局やドラッグストアが最も多い就職先ですが、それ以外にも病院や製薬会社があります。
年収として最も高いのは、製薬会社に勤務することです。

製薬会社では、研究職として働く場合もありますし、MRのような営業職としてはたら雨場合もあり、給与の面ではMRが最も高いです。

意外と病院や調剤薬局というのは生涯年収の面でもあまり高くない職場です。
ドラッグストアの方が給与は高いのですが、残業があったり仕事量も多かったりと給与の分だけ仕事はハードであると言えます。

《一言ポイント》

年収の面でも、仕事内容のやりがいの面からも製薬会社はとても人気の就職先です。
ただし、人気であるとともに募集人数も少ないために就職は狭き門であると言えます。

転職を検討する際には、製薬会社の勤務を狙いつつも、他に好条件のドラッグストアや病院、調剤薬局を狙うというのが賢明です。
そのためには、こまめに転職サイトのチェックをして必要に応じて転職エージェントにも相談をすることが有効です。